桐生市立桜木中学校             桜木中Webページです
   

                          

HOME »学校紹介
◆桜木地区について◆        
  群馬県の東、西の西陣・東の桐生といわれる織物で栄えた伝統と歴史の町。
 桐生市の南部「渡良瀬川の右岸(南岸)」に位置する。稲荷町・錦町・織姫町・美原町・清瀬町とともに桐生市第三区に属する。
 東南部は広沢町、西部は相生町、北部は渡良瀬川を挟んで織姫町・錦町にそれぞれ接する。
 市内中心部から東武鉄道の新桐生駅に至る群馬県道63号桐生伊勢崎線が通じており、渡良瀬川に架かる錦桜橋によって
錦町と結ばれる。
 桐生市第三区うち唯一、渡良瀬川の南に位置するため、第三区のほかの地域とは小中学校区が異なり、桜木町は相生町
(一二丁目)・広沢町(一二三丁目)の一部とともに、現在は、神明小と桜木小の2校からの児童が通う学区(中学)となっている。
 古代から渡良瀬川の洪水との闘いで、河川の拡幅と錦桜橋の延伸工事が行われ、町内の半分が河川敷となった町であった
といえる。
 団結心も強く、人との触れ合いを大切にする人情味豊かな美しい街である。
◆校長あいさつ◆        
 皆さん,こんにちは,桜木中学校3年目になりました校長の 木村 裕一 です。
  これから,転退職された9名の先生方にかわり,新たな9名の先生方とともに,
桜木中学校の29年度がスタートを切ります。転退職された先生方の穴をうめる
ことは大変なことではあると思いますが,力を合わせて頑張ってまいりますので,
どうぞよろしくお願いいたします。
 始まりにあたり,始業式・入学式での話の一部を紹介いたします。
 (昨年度と内容的には変わりません。だいぶ生徒の皆さんには浸透してきました。)
  その第一は,よりよく生きるための「心の力」=「強い意志」を身に付けてほしいというこ
とです。それは,「人に優しい心」や「命を大切にする心」です。人に優しい心とは,自分も
他の人も大切にできる心の力,そして,「命を大切にする心」とは,自分の命も他の人の命も
大切にすることができる心の力です。人にやさしくすること,「命」について一生懸命考える
ことによって,より良く生きるための「心の力」が必ず身に付きます。
  もう一つは,よりよく生きるための「学ぶ力」です。一生懸命勉強をし,どの教科において
も,自分で解決する方法を考え,解決する方法について他の人に伝える力を身に付けてほ
しいと思います。人に伝えることによって,「活用する力」を身に付けることができます。自分
で学習したことを発表したり,他の人に伝えたり教えたりすると,学習したことが,よりいっそう
高度なものとなって自分の力となります。
 これが,今,求められている「学ぶ力」なのです。以上のような内容で,身に付けてほしい
二つの力について話しました。
今年度も,よろしくお願いいたします。
   
  
◆学校経営方針◆        
  学校経営方針①
  学校経営方針②(職員用)
◆教育目標◆  
 
 ●進んで学する 創造力のある生徒
 ●正しい判断力をもつ 心豊かな生徒
 ●すこやかな体を目指す 活力のある生徒
        
         
◆校歌◆
    
     
◆生徒数◆      
 
学年 合計
1年生 45 27 72
2年生 45 36 81
3年生 36 55 91
4組 3 2 5
合計 129 120 249
     
        
        
校舎案内図       
        
◆所在地◆    

大きな地図で見る
376-0013
群馬県桐生市広沢町1丁目2874番地

TEL 0277-52-7200
FAX 0277-52-7220